福岡 平尾 フェイシャルサロン フォレスタです。

 

20代の頃は日焼けしても、すぐに元の肌色に戻っていたのに、年齢を重ねると肌の色がくすんで見える、シミが増えてきた、傷の治りが悪くなった気がする。(・д・`●)

 
 

30代の半ば以上の方は、こんなことを思った経験が一度はあるのではないでしょうか?

 

 

20代までは肌のターンオーバーも28日周期で定期的に行われているため、メラニンが作られてもターンオーバーと共に外に排出されるのでメラニン色素が肌に残りにくいのですが、

 


30代から 徐々に肌の新陳代謝が衰えメラニン
色素が外に排出されないことで、ニキビ跡や炎症した部分は、うっすら茶色いシミのように色素沈着してしまいます。

 

フォレスタのお客様も色素沈着やシミでお悩みの方は30代以上の方が殆どです。

 

シミと同様に色素沈着も種類によって治りにくい場合のものがありますが、今回は早く色素沈着を治すポイントを3つご紹介いたします。(*´∀`*)ノ。+゚ *。

 

Point1 ピーリングでメラニンを排出させる。

色素沈着の原因で最も多いのが、ニキビやかぶれなど炎症や外傷で皮膚が傷ついたことによって引き起こされます。

 

一度色素沈着してしまった傷やシミは、 ピーリングによって古い角質を除去する ことで、メラニンの排出を促進させることができ、同時に肌の生まれ変わりを促すことで、毛穴のたるみやニキビ跡の改善も期待できます。

 

フォレスタではハーブピーリング、エクスビンアスのピーリング、エクスビアンスのソフトピーリング、ハーブパウダーソフトピーリングなどお客様の症状や肌の状態によってトリートメントの時間を調整したり、ご要望やご予算によってトリートメントを使い分けしています。

 

ex-07

 

攻めのトリートメントにピーリングを行うことは必須ですが、加えて毎日行うホームケアにピーリング化粧品を使うことで残った色素沈着を改善するスピードは断然早くなります。

 

ピーリングには美白効果もあるので、新しく生まれ変わった皮膚はとてもみずみずしく、ハリが出てくるので一石二鳥のトリートメントです。(*・∀・*)V

 

Point2 徹底した紫外線対策を心がける。

色素沈着が残ってしまう原因に、日焼けや紫外線による影響があります。

色素沈着した部分が紫外線で日焼けしてしまうと、黒や茶色、赤黒色に濃くなり消えにくくなります。

 

それ以上悪化しないようするには、曇っていても冬でも日焼け止めを使って、1年中通してしっかり紫外線対策することが大切なポイントです。d( ̄ ・ ̄)

 

また、美白化粧品にはメラニン色素が生成を防ぐ効果もあるので紫外線対策として、美白成分の入った美容液やクリームを使うと、さらに効果的です。

 

美白化粧品を選ぶときは、アスコルビン酸〇〇、アルブチン、コウジ酸やプラセンタ、などの美白成分が配合されているかチェックしてみてください。

 

Point3 毎日のケアを見直す

毎日の繰り返し行われているスキンケアに

よる刺激や摩擦によって、色素沈着を悪化されていることがあります。

 

ブラシやナイロン製のものを使って行う洗顔や手でゴシゴシ擦ってしまうケアを繰り返すことで色素沈着した部分はどんどん濃くなります。

 

top-09


肌に負担を掛けないケアに変えるだけで、
色素沈着やニキビ跡が早く改善し、くすみが取れて肌の透明感が増してきます。

 
 

ご自身のスキンケアに疑問を感じている方は、一度見直してみるのもひとつだと思います。

 

サロントリートメント効果を最大限に活かすためにも、フォレスタではお顔を洗い方やすすぎ方、化粧水、美容液、クリームの付け方など毎日のスキンケアについてアドバイスさせて頂いてます。(*^∀゚)ъ

 

最近、お肌のくすみ、ニキビ跡や色素沈着が気になり始めた方は、3つのポイントを是非試してみてください。|ૂ•ᴗ•⸝⸝)”